スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by purecream on --.--
Category :スポンサー広告

亡き母の匂い

数日前、和室を出入りしていた時のこと、
部屋から出ようとしたほんの一瞬
ふっと実家(=母)の匂いが私の鼻先をかすめたのです。
あれっ?と思い確認するように
くんくんしてみたけれどもう何も匂わない。
不思議・・・
でも今思い返してみてもあれは確かに母の匂いでした。



和室の床の間には主人と私の其々の両親の写真と
小さな線香立てとお水が供えてあるのですが、
(位牌のある仏壇は妹夫婦のところにあるので)
写真の中で微笑む父や母、義父義母ひとりひとりに
感謝の気持ちを伝えるのが日課となっています。
その中でも今なおいちばん影響を受け
何かにつけ思い出すのはやっぱり母。
最も長い時間一緒に過ごして来た訳だから当然でしょうね。



きっと近くまで来てくれたんだ、
一方通行じゃない、
やっぱりいつも傍にいてくれているんだ。
そう思うと胸がきゅんとなりました。



DSC06013.jpg



母が使っていたケータイ。
釣りとキューピーさんが大好きだった母らしい。






来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト
Posted by purecream on 14.2015   4 comments
Category :不思議なこと

やっぱり幽霊は怖い

この前の記事でちらっとテレビでやってた
「四谷怪談」のこと書いたけど、
あれは本当に怖かった
かなり昔の作品のようで、画面は白黒の上終始薄暗~おどろおどろ。
きっと当時(江戸時代)もこんな感じだったんだろうなぁ、
と思わせるリアルさ。
本当にヒュ~ドロドロっていう効果音に
うらめしや~っていう台詞なんよね。



怪奇、ホラーとかいって様々なものがある中、
私としちゃぁ、やっぱり日本の幽霊がいちばん怖い。
欧米のゾンビとかポルターガイストなんかに比べて
何かしっくりくる、、、って何がしっくりくるんだろね。
幽霊はこうあるべき!っていう日本人のDNAなのかね。



幽霊なんてもちろん見たことないし
霊感も全然ない私。
ちょこっと怖いこともあったけど大したことなかったし。
 
  → 過去記事「将軍塚」

それに比べ、父や妹は実体験ありなんよね。
釣り好きの父(すでに他界)はよく南予方面へ夜釣りに出かけてたんだけど
いわゆる幽霊船(昔の帆掛け船)を目撃したり
(↑この時幼かった妹も一緒に目撃)
何度も行ってる場所で絶対迷うことなんかないはずなのに
山道を車で走ってたら迷いに迷って
やっとたどり着いた、と思ったら
そこは火葬場だったなんてことも。
しかもこれ夜中だから、
さすがの父もびびったらしい。



妹はその上をいく霊感の持ち主で
霊は何度も見てるし足音も聞いてる。
その他霊の影響で体調崩したり、不思議な体験etc.。
数あるエピソードの中のひとつ。
昔あるマンションで一人暮らしをしていた時のこと。
毎朝5時に目覚ましをセットしていつものようにベッドに入った彼女。
そして目覚ましが鳴り目を覚ますと、
ピンク色のモヘアのカーディガンを着た若い女の子が枕元に立っていて
掃き出し窓のカーテンを開けたり閉めたりしていたんだって。
妹は怖いからどうすることも出来ず布団をかぶって
じーっと時が過ぎるのを待つしかなく、、、
しばらくして時計を見ると針は午前3時過ぎを指していた。
間違いなく5時にベルが鳴るようセットしてあったのに。
しかも同じことが度々続くようになり
(必ず午前3時にベルが鳴る
それから間もなくこれはいかんてことで部屋を引き払ったというハナシ。



今でもその子が着ていたモヘアのカーディガンのピンク色が
脳裏に焼き付いてるとか、、、
そりゃ忘れられんわぃねぇ。
その部屋で一体何があったのか、
何もなかったとしてもその子の中で
その部屋に思い入れがあったのか謎のまま。



あんまり霊体験なんてしたくはないけど
時には亡くなった人たちとしんみりお話しなんか
出来たらいいなぁ・・・
などと思ってみたりすることはあります。



ぶるぶる
DSC02119.jpg


DSC02120.jpg


DSC02121.jpg







お付き合いいただきありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

Posted by purecream on 10.2012   4 comments   0 trackback
Category :不思議なこと

超能力?

画像デジカメ 929

画像デジカメ 928



これは正真正銘ホンマものです!



17~18年前、娘の幼稚園のPTAで
仲良くしてたママ友同士が
それぞれの家で持ち回りで
お茶会をよく開いてた頃の話。



その日は私の家でのお茶会でした。
何の話題からそうなったのか定かではないんだけど
その中の一人Kさんが
「実は私、スプーン曲げができるんよ」
という話になって、
ええ~っ?
それじゃあっていうんで
いつも使っているステンレス製の
スプーンを彼女に渡すと、
みんなの目の前で
あっという間に曲げてしまったのです。
ものの2,3秒だったかなぁ、
もう全員目がテン!



その昔ユリゲラーっていう人が
スプーン曲げをして世間をあっと驚かせたけど、
まさか目の前で
タネも仕掛けもないホンマものを見られるなんて
思ってもみなかった。
世の中には安物の軟らかいスプーンを使って
超能力と言って偽ったり
またマジックとしてもあるみたいだけど
これはまぎれもなく本物。
ホントに不思議な能力を持った人って
いるんやねぇ~~
ちなみに彼女はいわゆる「予知夢」も
ときどき見るのだと言ってました。




そんな訳で
このスプーン、
我が家のプチ家宝(笑)となり
食器棚の奥に大事にしまっています。










ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 05.2011   2 comments   0 trackback
Category :不思議なこと

心の奥深く

ときどき私は
前世の身の上で「水」に関して
何かよくないことが起こったのではないかと思うことがある。
というのも、
世界の絶景といわれる海、
とりわけ北欧のフィヨルドや
南極の氷山などの映像を目にすると
何故だかピーンと精神が張りつめてきて
言いようのない恐怖感が
心の奥深くにじわじわ染み渡ってくるのだ。
説明のしようがないのだが
深緑の暗い海の色だとか
無機質なほどの冷たいアイスブルーの海の色に
反応するようだ。



海に限らず湖にも同じような恐怖を感じる。
数年前訪れた十和田湖。
観光名所で美しい湖なのに
遊覧船から湖面を眺めていると
どうしようもなく身体が緊張してきたのを覚えている。
それからこれは信じてもらえないかもしれないが
深い海の色の入浴剤を入れたお風呂の湯船にさえ
それを感じてしまうのだ。
自分でも不思議な感覚。
ちなみに私は泳げない。
やっぱり水自体が怖いのかなぁ・・・








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 10.2011   0 comments   0 trackback
Category :不思議なこと

色彩

オーラソーマカラーリーディング
というのをやってみた。
結果、いろんな面で確かに自分とシンクロしている。
不思議・・・

本来の自分、人生の目的と可能性
  →Creativity(創造性)
人生の課題やチャレンジ
  →New Messennger(新たなる伝達者)
今現在の状態
  →Open Sesame(オープンセサミ)
未来の可能性
  →Go With The Flow(流れとともに行く)
        ※詳細は省略

どきっとした部分とほっとした部分と
合わせて自分なりに納得。
「色」にパワーがあることは知っていたし
そのときの心理状態が如実に表れるものなんよね。



今日松山は地方祭最終日。
三津厳島神社の暁の宮出し、
阿沼美神社の四角さん八角さん、
勝岡神社の一体走りなど有名やけど
やっぱり何といっても
道後で行われる鉢合わせが迫力あるなぁ
温和なイメージの松山、
実はかなり気のはしかいお祭り好きの
濃いーー血の人間が多いんかね。



秋祭りにぴったりのいい天気の一日、
私はというと仕事(職場)もお休み。
でもお祭りを見に行くでもなし、
のんびりまったり家でココア三昧・・・
主人と娘が次々と風邪でダウンのなか
自衛策でおとなしくしていました。
明日はレセ総括で忙しいし
週末に向けて体力温存です。



201010071931000.jpg






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 07.2010   0 comments   0 trackback
Category :不思議なこと

見えないもの

近所で見かけた風景。
桃色の蓮の花がきれい。
(本当はもっとアップで撮りたかった・・・!)
201007301004000.jpg



今日娘から聞いた話。
娘が仲良くしている友人の子(1歳女児)Yちゃんは、
ここのところずっと体調が悪く、(原因不明)
抱っこすると、妙にどろ~んと重いし
身体の色も、何だかどす黒くなっているような気がする。
心配したママは知り合いの、いわゆる霊能者みたいな感じの
中年女性にみてもらうことにしたそうです。
結果、何と隣に住んでいる人の「生き霊」の仕業だったらしい、、、
幸いお祓いをしてもらうと、
身体の色はみるみる元の白い色に戻り
抱っこすると軽くなっていた。
いつもの元気なYちゃんに復活。
よかった~!



隣人は夫婦仲がよく幸せそうなファミリーに
強く嫉妬していたみたいで(ひどくゆがんだ心)
普段とってもラブラブなのに
ここ最近なぜか夫婦喧嘩が絶えなくて、
ご主人が仕事でいない間は元気なYちゃんなのに
帰ってくると具合が悪くなる、、、
そんな日々が続いていたらしい。



小さな子どもっていうのは
「嫌だ」とはっきり意思表示が出来ない分
ストレスから逃れようと、無意識のうちに
身体の方が拒否反応(具合が悪くなる)するみたい。
可哀そうだったね、、、胸が痛くなる。
それもこれも「生き霊」が悪さしてたんだね。



それからその女性、やおら娘の手を
ぎゅーっと握り、何やら霊視(?)。
その後、日常ふっと何かの気配や視線みたいなものを
感じることがよくあるという娘に
「そっちは見なくていいからね。」
と、言ったとか。
見なくていいということは
「見てはいけない」ってことよね、、、、、



201007301008000.jpg
稲の穂先が・・・
緑濃い、真夏のひとコマ。







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 30.2010   0 comments   0 trackback
Category :不思議なこと

将軍塚

京都の夜景 (クリックしてね!大きく見えます。)
京都



6年前の春、京都を訪れた時のこと。
「夜の京都市内定期観光」の中で
東山ドライブウェイから、将軍塚市営展望台へ
夜景を見に行くというコースがあり参加しました。
ドライブウェイはくねくね道が続き、
何とな~くおどろおどろした雰囲気。
きっと日中でも何か出てきそうな気配だなぁ、
と、内心ちょっとびびっていました。



でも展望台へ着くと、
目前に広がる京都の夜景の美しさに
さっきまでのびびりはいっぺんに吹き飛んでしまいました。
一緒に参加した人たちもそれぞれ
あちこちで思い思いにシャッターをきっています。
私たちも、夜景をバックに記念撮影。
二泊三日の小旅行でしたが、
細部にわたりひとつひとつオリジナルで
計画を立てた旅だったので、それなりに楽しく
とてもいい思い出になりました。



そんなこんなで無事帰途に着き
さっそく写真を見ていたら、
何と前述の展望台での撮影の中に
これは絶対心霊写真としか思えない一枚が、、、!
それは私一人のもので、頭の部分に
もやもや~っとした白い塊が写っていたのです。
よ~く見ると小さな人の顔のようなものがたくさん見えます。
複数の人に見せたところ、十人中十人が確信。



後から思うに、そういえばここは京都、
しかも将軍塚が隣接している場所。
そういう現象なんて不思議でも何でもないでしょう。
その他に、泊まった宿の庭園で撮った写真にも
たくさんのオーブが写っていました。
それから何か身の上で
変わったことは起こったかというと、
それは確かに起こりました。
でもそれが原因とはかぎりませんが・・・。



何だかんだでそのままにしていたものの
ずーっと頭の片隅で気にかかっていた私。
それから2、3年経った頃思い切って
「アンビリバボー」という、あのTV番組に投稿。
しばらくしてから、スタッフの方から
もしかしたら番組で取り上げることに
なるかも知れないが、取材は大丈夫でしょうか?
という連絡が入ったのです。
ちょっと心が騒いだけれど、結局はぼつになりました。
でもきちんと番組で御祓いをしてくれるというので
ほっと胸を撫で下ろした、
という、なぁ~んだって感じの顛末です。



でも本当に本当に怖かったです!
あの写真、、、
古い歴史のあるところでの夜間撮影には
充分気をつけないと大変。
心のすきに強い魂のエネルギーが入り込んでくることも
あり得るってことです。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 29.2010   4 comments   0 trackback
Category :不思議なこと

名前の話

私はあるクリニックで受付事務をしているが、
しばしば偶然の一致の不思議に驚かされることがある。
その偶然というのは、~同じ名前が呼び合う~という現象。
たとえば○山さんなら○山さんが、○子さんなら○子さんが、同じ日に受診する。
しかも時には数人だったり、中には同姓同名の場合もある。
もちろん縁もゆかりもない同志で、もともとの予約を変更して
同じ名前の人が揃ってしまうことも多々ある。
その度に同僚とともに「不思議やね~」と感嘆の声をあげるのだ。



前述の同姓同名については、
いかにもよくありそうな平凡な(おっと失礼!)名前はいうまでもなく
こんなの絶対に無いわい!と思うような珍しい、
しかも字も同じなんていうことがある。
「音」まで含めるとひとつの名前にずら~っと8人くらいいたりする。
この上生年月日まで一緒だったりしたら、ややこしくて仕方ない。
今のところうちにはその例はないけれど、大病院ならもしかして可能性ありかも。



それと今どき実にバラエティ豊かな名前が多くなったよね!
古典的なものからインターナショナルなもの、
アニメとか少女漫画の主人公みたいなのものとか
中にはまるで芸名そのものっていうのまである。
・・・ちょっとばかしうらやましくなってくる。



そんな中でひときわ異彩を放っていたのが、「韻(いん)」をふんだ名前。
実名を出せないのが残念だが、
聴覚的(音)にも視覚的(漢字)にも実に素晴らしい!!
しかもこの方結婚されている。
ひょっとして嫁ぎ先が分かっていたの~?!っていうくらいの完成度の高さ。
是非々一生添い遂げていただきたい。






ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


Posted by purecream on 21.2010   0 comments   0 trackback
Category :不思議なこと
 

プロフィール

purecream

Author:purecream
 A型・水瓶座
 愛するわんこと音楽と
美味なハナシに日々のつぶやきetc.

    ご 訪 問
 ありがとうございます

 *このブログはリンクフリーです*
*但し相互リンクはお断りしています*
      

桜さくら


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

全記事(数)表示

全タイトルを表示

日本語→英語 自動翻訳

検索フォーム

QRコード

QR

ハートハート

ハートの足跡ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。