スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by purecream on --.--
Category :スポンサー広告

ラフマニノフ ピアノ協奏曲第2番第1楽章

ここ最近脚光を浴びつつある名曲。
ラフマニノフのピアノ協奏曲第2番第1楽章。
浅田真央選手が今季フリースケーティングで滑っているからでしょうか。
4年前の「鐘」にも魂を揺さぶられるような感動を覚えたものでしたが
この曲も聴けば聴くほど深く深く心に響いてきて
その度にじわっと目頭が熱くなってきます。



この名曲は大きな挫折からうつに苦しみながらも
絶望の淵を乗り越えた末に完成したものだとか。
ラフマニノフにとって
「復活」の曲だったのですね。
重厚感と繊細さを併せ持った
ひとの心を打つ素晴らしい作品だと思います。










来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
スポンサーサイト
Posted by purecream on 07.2014   0 comments
Category :音楽 クラシック

ショパンの魅力

不覚にも夏風邪をこじらせ
まる2日間ダウンしてしまった、、、
38度の熱を出すなんて久しぶりのこと。
体力ないったら
何とか復活したものの、
何とな~くもやもや感がとれず、、、
早く完全に治さなきゃね。



そんな中観ていたテレビ。
NHKBSプレミアムの再放送(再再?)2007年放送分。
『ピアノの詩人 ショパンのミステリー』がよかった。
ピアニストの中道郁代さんがショパンの故郷ポーランドから
フランスを巡る旅を通してショパンのピアノにまつわる
様々なエピソードや楽譜に記された謎を追うというもの。



ショパンの生きていた頃のピアノって
現代のものとは全然違うんだってね、
音の響きとかいろいろ。
考えてみれば小さなサロンで演奏されるものと
大ホールで演奏されるものじゃ違ってて当たり前よね。
指使いひとつにしてもショパンてすごくこだわりがあるらしい。
不自然な指番号も、ひとつひとつの指の特性(力の強弱とか)に
最も適した音の響きを計算してのことだとか。
私はピアノも楽器も出来ないからよく分らないけど
当時のピアノに合わせて書かれた楽譜をそのまま演奏しても
現代のピアノでそのまま表現出来るかと言えば
そうではないらしい。
なかなか奥が深い・・・。



それにしてもショパン、
やっぱりいいな。
















来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



Posted by purecream on 30.2013   3 comments
Category :音楽 クラシック

ヴァイオリンの怪人

ヴァイオリンの怪人。
テレビでアコーディオン奏者のcobaさんが
そう呼んでいた、
ロビー・ラカトシュという人。
超絶技巧。
だけでなく魂のこもった演奏。
ハンガリー出身で
ジプシーヴァイオリンというスタイル。
ジャンルはクラシックにとどまらず
JAZZなどにも精通しているらしい。



ふぅ~ん、
知らんかった~。
世の中にはすごい人がたくさんいるもんだ。
それにしてもこの風体、
というかあのお髭が何とも・・・
こんなお髭が似合うのは
この人とポアロさんぐらいだろね。
















来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




Posted by purecream on 15.2013   0 comments
Category :音楽 クラシック

辻井伸行×チャイコフスキー サンプトペテルブルク紀行

辻井伸行さんのピアノコンチェルト。
昨年ロシアのサンプトペテルブルクで開催された音楽祭に
招待された辻井さん。
チャイコフスキーの心に触れる旅を通して
コンサートへ臨む姿を追いながら、
この人って本当に素晴らしい感性の持ち主なんだなぁ、
とあらためて感心させれた。
彼は「白鳥の湖」も観劇した。
五感をフルに働かせ
辻井さん独自のこころの目で観た
バレエそして音楽は
一体どんなものだったのだろう。







ちなみにチャイコフスキーという天才が現れるまで
ロシアのクラシック音楽は
ヨーロッパの中でも立ち遅れていたそうですね。








来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



Posted by purecream on 14.2013   4 comments
Category :音楽 クラシック

不動のヴァイオリニスト

五嶋みどりさん。
アメリカではMIDORIと呼ばれているそうだ。
この夏の日本ツアー、
会場はすべて教会神社仏閣内に於いて行われた。
プロデビュー30周年記念に彼女が選んだ場所は
まさに祈りの地だった。
バッハの無伴奏の曲が聖地に響く。
テレビなのに鳥肌が立った。
生での空気感は一体どのようなものだったのだろう。



驚いたことに
世界最高峰のヴァイオリニストであるにもかかわらず
みどりさんは、ヴァイオリンを背負い
移動にはすべて公共交通機関を利用していた。
衣服の洗濯はコインランドリー。
服装や髪型は無頓着無造作。
至って質素。
外見へのこだわりは一切無い。
あるのは音楽へのストイックなまでの
飽くなき探求。
どんなにどんなに極めてもまだその先があるという。



米在住で大学教授の仕事の傍ら
演奏活動で世界中を飛び回っている。
今回密着ドキュメンタリー番組でのインタビューに
応える彼女を見ていて、
人生とは、
人からどう見られるか、とか
人からどう思われるか、ではなく
自分がどうしたいか
どう生きたいか
なんだと感じた。



彼女は不動。
決して揺るがない。
その片鱗はこの頃から窺うことが出来る。
アメリカでは小学校の教科書にも記載されている、
あの有名なタングルウッドの奇跡。
私も当時ニュースで見て知っていたけど
あらためてすごいなぁと思った。







この時みどりさんは14歳。
演奏中二度も弦が切れながら
顔色ひとつ変えず
咄嗟の判断で他のヴァイオリンしかも
大きさの違うものに持ち替えて
一小節も空けることなく最後まで演奏しきったというもの。
その時の指揮者がかのバーンスタイン(ボストン交響楽団)。
そのバーンスタインが驚嘆と尊敬の念を表し
彼女の前にかしずいたというほど。



演奏中のみどりさんは
ヴァイオリンの音のみしか耳に入らないという。
この度のツアーでも
コンサートホールではない会場ならではの雑音も
(激しい雨の音など)
一切気にならないと話していた。
想像を超える集中力だ。



あと次代を担う子供たちに音楽の素晴らしさを
伝えて行く活動にも力を注いでいる。
小学校などを訪れ演奏会を行い、
何と自身のヴァイオリンを実際に
子供たちに触れさせ弾かせたりしていた。
こんな人もいるのか・・・
みどりさんはきっと
音楽そのものを深く尊敬しているんだ。
私はそう感じた。





来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


Posted by purecream on 25.2012   2 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

水の戯れ

この前書いた
「日向で水浴びをする女たち」に引き続き
水つながりで・・・



辻井伸行♪
みずみずしい演奏ですね。




こちらは犬の戯れ
ダックスならではの妙技です。

DSC01678.jpg


DSC01672.jpg


DSC01673.jpg


DSC01679.jpg


DSC01677.jpg







お付き合いいただきありがとうございます!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 23.2012   2 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

日向で水浴びをする女たち♪

雨、雨、雨、の一日。
こちらでは恵みの雨をもたらしてくれましたが
台風の被害はどうなのでしょう。



朝、通勤の車の中流れていたこの曲。
あれからずーっと頭の中で
♪♪♪が駆け巡っていました。







この「日向で水浴びをする女たち」の作曲者、
セヴラックというフランス人の音楽家。
どことな~くドビュッシーのような雰囲気だなぁ、
と思っていたら、
いい香りのする音楽、と
そのドビュッシーに言わしめたとか。



水を感じるなぁ~







ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 19.2012   0 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

言葉を超えるもの

ヴォカリーズとは歌詞のない
母音のみで歌われる歌曲のこと。
心に沁みます。



ラフマニノフ/ヴォカリーズ♪






おやすみなさい



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
Posted by purecream on 12.2012   0 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

心に響く名曲

このところ音楽づいてます。
今日は「わが祖国」より第2曲目として作られた
チェコの作曲家スメタナの傑作。



モルダウ♪



あまりにも有名ですね。
何といってもこの旋律の美しさ。
壮大でありまた繊細であり・・・
琴線にふれることふれること。



私は日本人だし、
チェコに行ったこともこともないけれど、
写真や映像で見たイメージの世界が広がって
遥か遠い東欧の山や空や
田園風景、そして見たこともないモルダウの
川の流れに思いをはせてしまうのです。
ずっと以前からチェコだけでなく
東欧の国々の自然、歴史や文化に
興味がありなぜだか気になる私・・・
この曲を聴くとそれを明確に意識するのです。



祖国という言葉は、国民性として
島国日本で生まれ育った私には
正直いまひとつぴんとこない部分もあるけれど
故郷の自然や風土を大切に思う気持ちに国境はありません。
インパクトの強い美しい旋律には
聴くものすべての魂を揺さぶられる
何かがあるような気がします。








ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by purecream on 29.2012   0 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

月の光

今夜は中秋の名月ですね。
さっきココアと夜のおさんぽに出かけたとき
見ました。
東の空に煌々と輝く満月!
何とも神々しい~~
空気が澄んでるからか一段ときれいです。
何でだか満たされた気分になりますねぇ。
不思議。

職場で人事に変化があり
今日から新しく入ってきた人に
仕事を教えることになりました。
入ってきた人も大変だけど、
こちらも大変なんです。
一日目何とか無事終わりましたが、
くたびれました。
しばらくはバタバタしそう、、、
お月様のパワーをいただかないといけませんね。

大好きな曲。
静かな波間にいるような心地よさを感じます。
心が落ち着いてくるんです。
フジコ・ヘミングのピアノで。
月の光/ドビュッシー♪





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by purecream on 12.2011   0 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

心がピュアになるとき

辻井伸行さん作曲、
「ロックフェラーの天使の羽」♪



彼のピアノを聴くと
なぜか真央ちゃんが浮かんでくる・・・
二人の演技や演奏の根っこには
きっと共通の何かがあるんだと思う。
ピュアな心は
またピュアな心を呼ぶ。




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by purecream on 19.2011   2 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

A Happy New Year!!

あけまして おめでとうございます!

今年も皆さまにとって

よい年となりますように





ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by purecream on 01.2011   2 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック

朝聴きたい音楽

アイネクライネナハトムジーク/モーツアルト♪
1/2

2/2


この曲に関して
今さら何の説明もございません。
第一楽章のあの出だし、
優雅で力強くて朝にぴったり!
私は車で通勤していますが
朝だけはNHKFM放送を聴いています。
いろんな曲がかかるなか、
この手の音楽がいちばんしっくりきます。
頭や気持ちがニュートラルになるから。
野菜の気持ちがわかるなぁ



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by purecream on 13.2010   0 comments   0 trackback
Category :音楽 クラシック
 

プロフィール

purecream

Author:purecream
 A型・水瓶座
 愛するわんこと音楽と
美味なハナシに日々のつぶやきetc.

    ご 訪 問
 ありがとうございます

 *このブログはリンクフリーです*
*但し相互リンクはお断りしています*
      

桜さくら


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

全記事(数)表示

全タイトルを表示

日本語→英語 自動翻訳

検索フォーム

QRコード

QR

ハートハート

ハートの足跡ブログパーツ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。