FC2ブログ

ローズマリーの赤ちゃん



鬼才ロマン・ポランスキー監督作品の
言わずと知れた名作「ローズマリーの赤ちゃん」。
ヒロインが身ごもったのは
実は夫の子ではなく悪魔の子だった、、、
そして最後にはその悪魔の子を産んでしまう。
ジャンルで言えばホラー(オカルト)なんだけど
いかにもっていうショッキングなシーンは出てこない。
どちらかというとじわじわと迫ってくる心理的恐怖。

でもね、最後まで観ていて、
ホラーとは裏腹に、主演ミア・ファローの
大人かわいいファッションの方が
気になって仕方なかったんだけど・・・!
60年代のスタイルなのか、
明るい色合いや柄のミニワンピが
個性的なミアの雰囲気をよりセンスアップしてて
しかもシーンごとに着せ替え人形のように
次々と違う洋服を身にまとって出てくるもんだから
もうすっかり目を奪われてしまいました
ファッションは繰り返すって言うけど
まさに現在のトレンドに見事にシンクロしてる。
とにかく私にしてみれば
ファッショナブルな映画を観たという感想です。

BUT、、、、、
でも本当に怖いのはその映画の陰で
ポランスキー監督の身重の妻女優シャロン・テートが
カルト集団に惨殺されるというショッキングで
猟奇的な事件が起こったこと。
(世にいうシャロン・テート事件)
それに、映画の舞台となったN.Y.の
ダコタハウスというアパートはかのジョン・レノンが
オノ・ヨーコと住んでいたアパートで
そう、玄関前でジョンが射殺された建物でもあるのです
怖い~~ 呪われてる、、、?!



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



Posted by purecream on 01.2011   0 comments   0 trackback
Category :昔の映画

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cocoakoko.blog130.fc2.com/tb.php/307-91aa9b55

プロフィール

purecream

Author:purecream
 A型・水瓶座
 愛するわんこと音楽と
美味なハナシに日々のつぶやきetc.

    ご 訪 問
 ありがとうございます

 *このブログはリンクフリーです*
*但し相互リンクはお断りしています*
      

桜さくら


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

全記事(数)表示

全タイトルを表示

日本語→英語 自動翻訳

検索フォーム

QRコード

QR

ハートハート

ハートの足跡ブログパーツ