FC2ブログ

鶴の一声

「となりの芝生」というドラマがある。
ご存知、嫁姑問題を描いたものだけど
私が観たのは3年前のリメイク版。
(瀬戸朝香VS泉ピン子)
BS放送では毎日渡鬼をやっている。
こちらは小姑も参戦、終わりのない嫁姑バトル。



うちは幸い主人が次男の上
義母は15年前に他界。
有難いと言うべきなのか、
世に言う嫁姑問題からはほぼ無縁だった。
そのうち自分の方が鬼の姑の立場に立とうとしている。
家庭の問題としては永遠のテーマなんだろね。
前述のふたつのドラマを観ていて思ったのが
鍵は間に立つ旦那(息子)にあり、ということ。
どちらにもつかず中立を貫く姿勢が大事なんじゃないかなぁ。



この前のバスツアーの時
バスの中で母といろんな話をした中に
ちらっと出てきた母の場合の嫁姑問題。
父は長男ではなかったんだけど
他の兄弟たちが皆県外へ出てしまい
親元に残ったのが父だけだったため
必然的に独りになった母親の面倒をみることになった。
その頃私はまだ小学生だったから
そんな大人の事情なんてちっとも分らない。
でも記憶の中では険悪な状況なんていうのはなかったと思う。



とはいっても、祖母は結構口うるさいところがあり
面倒臭いなぁ、、と思うこともしばしばあった。
母は働いていたので一日中顔を突き合わせていた訳ではないけれど
そういう祖母のことだから
やりにくい面も多々あったに違いない。
で、そんな時ガツンと家の中をしめていたのは
やっぱり父。そう、カチンコチンな頑固者の。
そもそもムードが険悪そうになるきっかけは大体が祖母の文句から。
そこで父の鶴の一声、
「おばぁは黙っとけ!」。
たいがいのことはそこで終わり。
かといって、母側につくという事も絶対になくて
父はあくまでも父だったという。



今思うとそれがよかったのかも知れない。
その場しのぎにどっちにもいい顔してたら
収拾がつかなくなる。
「となりの芝生」でも「渡鬼」でも
旦那がちょっとだらしない。
だから女どもに思うようにされている。
公平で中立で絶対的存在感。
やっぱりこれだな。



さて、我が家の将来はどうなんだろ、、、
あぁ嫌だ嫌だ。
考えたくない!!
・・・でもその前に、
息子よ、
お嫁さんはまだなんかいねぇ?



アタシの知らない世界・・・Zzz
DSC02652.jpg







来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


スポンサーサイト



Posted by purecream on 04.2012   2 comments   0 trackback
Category :つれづれ

もう結婚してもいい年齢のお子さんですか~?
早く結婚されたんですね♪
きっとすてきなお嫁さんを連れてきてくれますよ
2012.10.05 09:36 | URL | 新米ヘルパー #- [edit]
結婚どころか孫がいたっていい歳なんですけどね、、、
なかなかいいめぐり逢いがないようです(T_T)
私としては、身体のことがいちばん心配なので
健康管理をしてくれるお嫁さんに早く来てほしいんですけど。
毎日息子の良縁を祈る母です、、、(^_^;)
2012.10.05 11:24 | URL | purecream #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://cocoakoko.blog130.fc2.com/tb.php/830-51a43082

プロフィール

purecream

Author:purecream
 A型・水瓶座
 愛するわんこと音楽と
美味なハナシに日々のつぶやきetc.

    ご 訪 問
 ありがとうございます

 *このブログはリンクフリーです*
*但し相互リンクはお断りしています*
      

桜さくら


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

全記事(数)表示

全タイトルを表示

日本語→英語 自動翻訳

検索フォーム

QRコード

QR

ハートハート

ハートの足跡ブログパーツ