FC2ブログ

最後の親孝行は

昔、親というものは絶対だった。
教壇に立つ教師がそうだったように。
親は子どもよりも偉い。
子どもは親の言うことをきくものだ。
それがいつしか逆転して
かつての子どもが親を支配下に置くようになる。
その転機がいつ頃なのか、
私の場合それがいつだったのか、
考えてみた。



転機は40歳になった頃だろうか。
その頃からだんだん立場が入れ替わって行ったような気がする。
父が脳梗塞で倒れ
子どもである私(たち)の手を借りなければ
日常生活がままならなくなり、
両親とも自他共に完全に老人となった頃から。
大きく感じていた親が小さく感じるようになったのもその頃だ。



そして現在。
独りになった母と私はどう相対しているか、
客観的に観てみる。
そういうつもりはなくとも
母に対して上から目線になっている。
そして100%優しい気持ちで接しているかと言えば
必ずしもそうではないことに気付く。
苦労して育ててくれた親に対し
最大の身内感覚をもって
どこかで自分に従わそうとしている、、、



他の高齢者に対して穏和に受け入れるのと同じように
最小の身内感覚で優しさを全開に
母に接することが出来れば
私自身も楽になるのに。
立場が逆転したとしても
親は常に人生の先輩であり師であるはず。
常に尊敬に値する存在に変わりはないのだ。
そんなことも、いつしか置き去りにしてしまっている。



もう少し素直に自分の中に在る
あたたかい気持ちで包み込んであげれば
これまで頑張って生きてきてよかったなと
母も感じてくれるんだろうな。
逆転した立場を人生の終焉を迎える前に
再度元に戻してあげることが
母への最後の親孝行なのかもしれない。






来てくれてありがとう!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



Posted by purecream on 20.2012   6 comments
Category :母のこと

お母さん大事にしてあげてください。私は母は75歳で亡くなりました。弟から夜10時頃電話があったので、普通1時間かかる病院へ30分で駆けつけました。私を眼に止める母の眼から涙がほほを伝わり落ち、その直後息をひきとりました。今も毎朝位牌にお供えをし、お参りしていますが、生前もっと母と話をしてればよかった、と時々思います。母と話していると自分の時間がなくなってしまうので、急いで電話をきったりしていたことがあったのでちょっと後悔しました。いつまでも生きていてくれないということがまだ実感できてなかったのだと思います。
2012.12.21 15:32 | URL | ReikoJanvier #P87isURU [edit]
('-'*)(,_,*)('-'*)(,_,*)
purecreamさんのそんな優しい気持ちが お母様に伝わってないわけないですって^^
きっと・・・その気持ちの奥には いつまでもあなたの娘でいたい という思いがあることだとも思います♪
私は 子供の内に母を亡くしましたから 
自分も母親という立場 同じ大人の女という立場 に立っていたら 一番近い人だからこそ厳しく見てしまうだろうなぁ~ とも思いますが
でも そんな立場に立ってみたかったかも^^
そして やっぱり いつまでも娘でいたい気持ちになるとおもいますです (o^-^o)
そ 自分の子にもそう思って欲しいですよね^^
お母さまお幸せです (*^^)v
2012.12.21 18:14 | URL | maso♪ #Bzu7/SWU [edit]
間に合ってよかったですね。
きっと、Reikoさんの顔を見て安心して旅立たれたのだと思います。

自分の時間が無くなってしまう・・・
まさに私もそうです。
そんな気持ちから、時にやっつけ仕事のように
母の用事を済ませていたりすることも多々あったように思います。
反省しなければいけませんね。
ありがとうございました<m(__)m>
2012.12.21 20:29 | URL | purecream #- [edit]
maso♪さん、何だか涙が出てきちゃいましたよ。
ありがとうございます<m(__)m>

父親と違って母親というのは
へその緒で繋がっていた分、
特別な何かがあるように思います。

maso♪さんのところは
息子さんとの関係、
案外素直に逆転された方が上手くいくかもしれませんね。
2012.12.21 20:36 | URL | purecream #- [edit]
おはようございます!!
昨日会社で読んで・・・
コメントを何度も書いては消し・・・を繰り返してしまいました。
本当に、今の自分の思いもそのままです。
弱って行く父から病床で、それまでの人生守られて生きて来た母の事を案じた父から
”母さんを頼む”と言われ、”大丈夫、任して置いて!!”と言った自分の言葉を思い出しました。
忙しい私に遠慮しながら、自分もしんどい時でさえ私の身体を気遣ってくれる親・・・・

きっと母が一番苦しいのに。。。
辛いだろうに・・・
寂しいだろうに・・・

本当に・・・・
自分の中に上から目線が何処かで有るな・・・
とか・・・・
私の中にも『置き去りにした気持ち』を反省しながら・・・
今しか出来ない事、優先順位を付ける事は本当に大変ですが・・・

私も温かくなれるように、頑張りますね!!

文章が纏まらなくてすみません。
素敵な3連休をお過ごし下さい(^^v


2012.12.22 09:52 | URL | maja #y1P/pzjo [edit]
majaさん、
お母様、手術を無事終えられたとのこと、
ひと安心ですね。
その後具合はどうですか?
これからひとつひとつの事が
順調に進んでくれるよう祈ってます!

親(特に母親)との関係は永遠のテーマですね。
他人と自分の中間のような微妙な位置で
いろいろな葛藤があります。
そんな自分も世間的には母親族の仲間。
子どもたちとの関係が円滑になるか否か、
まずクリアすべきはまず自分が
どれだけ親に対して心を開くことが出来るかどうかに
かかっているようです。
最も信頼出来る相手なのにね。


2012.12.22 17:29 | URL | purecream #- [edit]

  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

purecream

Author:purecream
 A型・水瓶座
 愛するわんこと音楽と
美味なハナシに日々のつぶやきetc.

    ご 訪 問
 ありがとうございます

 *このブログはリンクフリーです*
*但し相互リンクはお断りしています*
      

桜さくら


季節によって変化する『桜の木ブログパーツ』

全記事(数)表示

全タイトルを表示

日本語→英語 自動翻訳

検索フォーム

QRコード

QR

ハートハート

ハートの足跡ブログパーツ